自分の悩みはどのタイプか

レディ

しわに効く化粧品はないかと探しているのであれば、まずは悩まされているしわがどのようなものかを見極めることが大事です。そのうえで効果的な成分を配合した化粧水を選び、たっぷり保湿することが効果につながります。

しわ別にアプローチを

コスメティック

部位別にスキンケアが必要

一口にしわが気になると言っても、人によって気になるしわの種類はいろいろあって、しわの程度もさまざまです。一般的に目尻にできる笑いジワやちりめんジワと呼ばれるものは、乾燥が原因で起こっていて、しわの深さはそれほどでもありません。その一方で、ほうれい線や額に刻まれるしわはかなり深くなっており、目元の細かなしわに比べると一歩踏み込んだ対策が求められると言っていいでしょう。浅いしわに効く化粧品は、乾燥が原因で起こっていることもあって保湿効果がしっかり出るものを選びます。成分としてはヒアルロン酸やセラミドなど、水分をたっぷり補ってくれるものがおすすめです。乾燥が原因ならば、対策は保湿という非常にわかりやすい考えができることから、しわに効く化粧品の探し方も一番簡単になっています。真皮にまでダメージが届くほうれい線や額のしわは、より深いしわになっていますので、しわに効く化粧品選びは少し難しくなります。老化や紫外線によるダメージが積み重なってできたものなので、長い年月を刻んでできたことも対策が厄介になる要因です。とはいえ、あきらめることなくお手入れをすることで改善されてきますので、しわに効く化粧品探しをあきらめないことが大切です。真皮じわのように深いしわの場合は、真皮層まで届く有効成分が入っているかがポイントで、ビタミンC誘導体や成長因子のグロスファクター、傷んだ細胞を修復する働きを持つレチノールなどがおすすめです。深いしわの改善にはしわに効く化粧品をシリーズでそろえ、複数使う方法が効果を高めると考えられます。

しわの原因を知っておこう

化粧品

しわができる要因のいちばんは紫外線ダメージですが、化粧品の付け方によってしわができることもわかっています。しわに効く化粧品の成分を調べて化粧品を揃えたら、活用の仕方にも注意を払うことが大事になってきます。

たくさんの種類が存在する

婦人

しわに効く化粧品のなかに含まれる成分にはたくさんの種類があります。肌の弱い人向け、改善効果の強いもの、たるみの改善やシミの改善にも期待できるものなどがあるので、自分に合うものが見つけるためにもまずは試してみまそう。